-

HAPPY NEWYEAR 2016


あけましておめでとうございます。
今年は早速、1月末に展示があります。
昨年末はギリギリまでいくつかのことを試行錯誤していました。
結果どう着地するのか?!とても楽しみです。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
| diary | 07:18 | - | - | pookmark |
新年のご挨拶 2014




昨年は一年間、ひとつの環境に留まることなく、
常に場をぐんぐん移しながらカット&ペーストしていた気がします。

映像や音楽関係のお仕事など、チームで作り上げていくような、
新しい分野にチャレンジさせてもらうチャンスにも恵まれました。
ありがたいことです。
2014年も引き続き、出会いとその広がりに最大級の感謝をしつつ!馬です。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

| diary | 23:16 | - | - | pookmark |
-

| diary | 19:12 | - | - | pookmark |
新年のご挨拶 2013




あけましておめでとうございます。

学校を卒業してすぐ始めた今の形態での仕事。
それを独立と言ってしまうならば、今年で独立5年目になります。
人間の細胞は5〜7年で緩やかに入れ替わるといいます。
区切りの年のせいなのか、今またドキドキしながら
再スタートを切るような気持ちです。

2013年は、さらなる発展形を探る
一年にできればと思っています。
出会いに恵まれた5年間の幸福をガッシリと噛みしめつつ!


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



| diary | 21:37 | - | - | pookmark |
HAPPY NEW YEAR 2012



新年あけましておめでとうございます。

2011年は今までのパラダイムが一気にひっくり返ってしまう様な、忘れ難い1年でした。
振り返ると一方では、ものをつくる機会にも大変恵まれ、新たな出会いもあり充実した1年だったように思います。
お世話になりました皆様、ありがとうございました。

2012年も、ほんの少しのユニークとユーモアを忘れずに、精進します。
皆様にとってどうかどうか良い年でありますよう。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!



| diary | 15:21 | - | - | pookmark |
一週間が経ちました

自分は今何をするべきか?と取捨選択を迫られているのに
毎日毎日、TVやインターネットからは処理不可能な位恐ろしい情報が入ってくる。
今もそれは続いています。

そんな風に頭はフル稼働しているのに結論は出ないと言う状況。
あれからずっとずっともどかしい気持ちでいます。

ごく僅かに出た答えは画期的ではありません。
ごく普通の事でしかなく、また、ごく普通の形でしかありません。
だけど出来る限り(身の丈に合った事)やっていこうと思います。

少しでも多くの方がご無事である事をお祈り申し上げます。


| diary | 16:21 | - | - | pookmark |
UMI-NO-UMI-NO-OYA

| diary | 02:29 | - | - | pookmark |
A HAPPY NEW YEAR 2011



あけましておめでとうございます。

2010年は、学生ではなくなり本格的に活動を始めて2年目の年でした。
そして、新しいお仕事に沢山チャレンジさせてもらった実り多き1年でした。
これもひとえに支えてくれる皆様のおかげだと、あらためて実感しております。
ありがとうございます。

2011年も、色々なプロジェクトが今まさに進行中なので、
新春早々、武者震いしてしまうくらい(?)とても楽しみです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
| diary | 01:29 | - | - | pookmark |
タカラモノorゴミの選択

実家が引っ越しするという。

私が出て行った分スペースも縮小するそうなので、
今まで余裕しゃくしゃくで置いてもらっていた荷物も
かなり、シビアな目で整理しなきゃならなくなった。

主に本なんだけれど、
小さな頃読んだ絵本や古い雑誌なんかはまあ捨てられない。

こうなってくると、
さながらアイデンティティーの取捨選択です。

こんなにも世の中にはモノモノモノだらけなのに
人が一生ずっと捨てずに取っておくモノ=宝物って
まーおっそろしい位僅かなんだなと実感。

印刷物なんて基本物質的には同じ「紙」というモノであるのに
インクでプリンティングされた内容如何で タカラモノにもゴミにもなる。

(これからもタカラモノorゴミの選択を迫られていくのかな?)
この疑問は作るほうとしても 制作中ふと過ります。

ガチンコのサバイバルバトルを勝ち抜いた猛者
「取っておくことにした本」の面々!!
私は彼らにある種の神々しさすら感じつつ
心からリスペクトの念を禁じ得なかったのでした。




| diary | 18:05 | - | - | pookmark |
5月から6月 駆け足
5月から6月の出来事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●sense of wonder/@笠間
ボアダムス。ドラム7台+ドラム神輿2台。
神輿が山の中から降りてくる光景が今も焼き付いて。
プリミティブかつ銀河を感じる凄まじいライヴ。

●D♥Y/@CLASKA
お目当ては須山悠里くんの青焼き機とMOZINEの文字くじ。
参加されているのを知らずに向かったのですが
enamel.の石岡さん、西舘朋央さんとも
初めてお会いする事ができ、激感激!

●ロトチェンコ+ステパーノワ展/@庭園美術館
大学院の研究でロシア構成主義の作品は沢山見ていた。
見ていたけれども、改めて間近で見ると
百年近くも淘汰されていない
ロトチェンコのデザインの強さを肌で感じた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、誕生日を迎えました。

2010年上半期は、連日迫る波に乗らなきゃと
ボードにシガミツくサーファー気分でした。
もっともっと良い波にライドオン出来るよう
精進したいです。ほんとうに。




| diary | 18:47 | - | - | pookmark |